読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近忘れっぽい

主に日々のメモメモ

Cargoプロジェクトのビルド

■「Cargo」とは

CargoはRustのビルドシステムであり、パッケージマネージャでありRustaceanはCargoをRustプロジェクトの管理にも使います。 Cargoは3つのものを管理します、則ち、コードのビルド、コードが依存するライブラリのダウンロード、そしてそれらのライブラリのビルド。 それに依存するのでコードが必要とするライブラリを「依存」と呼びます。


「ビルドシステム」かつ「パッケージマネージャ」


■「Cargo」プロジェクトの作成

>cd rust_projects              <- プロジェクトを作成したいフォルダへ移動する
>cargo new --bin cargo_project <- cargo new [OPTION] PATH

これで作成完了。
中にsrcやtoml(設定ファイル)がある。
srcの中にはmain.rsがあって、HelloWorldが書かれている。


■ビルドと実行

ビルド

>cargo build <-デバッグビルド
>cargo build --release <-リリースビルド

ビルドすると「cargo_project\target\debug」に「cargo_project.exe」が生成される。

ビルド&実行

>cargo run        <- ビルドしてから実行
>Hello, world!    <- 実行結果

生成物は同じで、自動実行。